パターゴルフでスコアアップ|ゴルフ情報総合サイト

ゴルフ情報総合サイト

HOME > パターゴルフ > パターゴルフでスコアアップ

パターゴルフでスコアアップ

ゴルフを知れば知るほど、パターの大切さがわかるのではないでしょうか。
300ヤードショットも10センチのパットも同じ一打なのです。

パターゴルフのグリーンは、ゴルフ場のグリーンのように整備はされていませんが、芝の感じはグリーン周りの花道に近いのではないでしょうか。

その為、パターゴルフはグリーン周りからのパターアプローチの感覚を身につけることができます。
特に、これからゴルフをはじめる人には、スコアアップに役立つこと間違いなしです。

グリーン周りからのアプローチは転がしが基本です。
これは、まぎれもない事実であり、どのようなレッスン書にも書いてあります。

私も、花道はもちろん、チョットしたラフでも転がせるところはパターで転がします。

これは、確率の問題です。
ゴルフはミスをいかに少なくするかとの戦いだと思います。
十回に一回のスーパーショットより、十回に五回のナイスショットのほうがスコアアップにつながります。

あなたは覚えているでしょうか?
94年の日本プロで合田選手が初優勝した時のことを。
あの時、合田プロは最終日、最終ホールの第二打目をグリーン脇のバンカーに入れてしまいました。
一打差の二位には、あのジャンボ尾崎プロがいます。
状況は非常に厳しいものでした。

ピンはバンカーから近い位置にあり、よらずにボギーとなった場合、ジャンボとプレーオフです。
プレーオフになった場合、優勝経験のない合田プロには圧倒的不利なことは明らかでした。

ましてや、日本プロというメジャートーナメントでのプレーオフです。
プレッシャーも並大抵ではないでしょう。
そして、この時、合田プロが手にしたクラブはパターでした。
合田プロは、バンカーからパターでアプローチするという奇策を選んだのです。

結果は、見事パーをもぎとり初優勝を飾りました。
そして、10年シードという大きな、大きなプレゼントを手にしたのです。

私は、幸運にもこのシーンをテレビで観戦することができました。
この時の合田プロの緊張している様子は、テレビからでもはっきり感じ取ることができました。
ウィニングパットを静めた瞬間、ジャンボ選手の腕をつかみ男泣きしたシーンはとても感動的であり、 どれほどのプレッシャーであったかが容易に図り知ることができました。

合田プロは後のインタビューで、この時、パターを選択した気持ちをこう語っています。
「ジャンボにできなくて僕にできること」。
まさに何もかも投げ捨てた裸の勝利です。

ここで、「バンカーからパターでアプローチするという奇策」と書きましたが、本当は奇策ではなく当然の結果なのです。
あの状況で、一番パーのとれる確率が高いのがパターでのアプローチ、すなわち転がしです。 グリーン回りからの寄せの時、青木プロはまず「パターで転がせないか」と自問自答するそうです。
それは、転がして行くのが、いちばん安全だからと言います。
まず、パターでの転がしを考え、最後に、ロフトにいちばん多いサンドウェッジを選択するそうです。

だから、バンカーのアゴが低く、パターを使っても支障がなければ、別にそれは奇策ではなく、当然の選択と言えるでしょう。
このことからわかるように、パターでのアプローチはとても重要であり、ゴルフをとてもやさしくします。 ぜひ、あなたもアプローチの時に、パターという選択肢を取り入れてみてはいかかでしょうか。
そのことで、あなたのゴルフがやさしくなることは間違いありません。
たとえ50ヤード手前であっても、転がしていける状況であればパターを使ってもいいのです。 (事実、私が所属していたゴルフ場のメンバーさんにいました。)

既成概念を捨てて、もっと、ゴルフを楽にしてください。 パターゴルフをすすめる理由は、このような意味も含んでいます。
ゴルフの楽しさを味わえると同時に、ゴルフに一番大切は戦略を身に付けることができるという、まさに、一石二鳥の遊びなのです。

ぜひ、あなたもパターゴルフでアプローチの技を磨いて下さい